こんにちは

北九州市小倉北区、小倉駅から徒歩5分の『小倉巻き爪矯正ラボ』大西ゆうきです。

 

 

 

当院に来られる人の中にも多い、「深爪」

深爪が良くない、ダメだよ〜っていうのは聞いたことがある人が多いのではないでしょうか

でもなんでダメなの?

切らないと痛いから仕方ないじゃん!

ついつい深爪したくなるー

って思う人もいるかもしれませんね(^^;

 

今回は、”深爪はなぜダメか!“について書いていきます

ちゃんと理由を知って納得すれば、深爪したくなくなるかもしれません(o^^)b

 

 

深爪とは

足の爪切り

 

深爪とは、ストレスポイントより深く、爪床が露呈していまうほど 爪を切ってしまった状態のことを言います。

(ストレスポイント…爪が皮膚から離れる部分の両方の端のこと。爪の中で、一番負担(ストレス)がかかる部分

(爪床…爪引っ付いている部分の皮膚。爪から透けてピンク色に見えているところ

ストレスポイントや爪床についてはコチラ→爪の構造・解剖、各名称

 

簡単に言うと、爪の白い部分がなくなるくらい、切ってしまった状態です

そこまで切ると、爪に守られるはずの薄くて弱い皮膚が、表に出てきてしまいます

 

痛みの対処でつい深く切ってしまうのは、まだ仕方ないなと思います(そんな状態の方は、テーピングがオススメです)

でも、爪の白い部分があるのが嫌!気になる!って言って、毎回ギリギリまで切る癖のある人、いますね

本当にやめた方がいいです…(>_<)

 

 

深爪を続けると…

 

深爪を続けると起きてくること。

主に4つあります

 

①「伸びると痛い」という状態に

②爪棘を作ってしまう

③陥入爪

④爪囲炎

 

それぞれ解説していきますo(´∀`)9 !

 

 

①「伸びると痛い」という状態に

 

深爪の状態を長く続けていると、「爪が伸びると痛い」という状態になってしまいます。

そうなると、伸ばしてくても、痛くてなかなか伸ばせません。

 

深爪をすると、爪の先端が皮膚より手前にある状態になります

また、深爪の状態が続くと、爪の周囲の肉が膨隆してくるようになります

そうすると、爪が肉に埋もれ、爪の端が外から見えないような状態になってしまいます。

 

そのままでは、爪が伸びてきたとき 爪の先端が前の皮膚に突き刺さります

それによって、痛みが生じ、伸ばせずに切ってしまいます(><)

 

切って、伸びたら痛くなって、また切って…

悪循環が始まります

 

 

②爪棘を作ってしまう

巻き爪-深爪-爪棘

https://ameblo.jp/makidume-tumehura/entry-12245964255.html参照

 

さきほども書きましたが、深爪の状態が続くと周囲の肉が膨隆し、爪が肉に埋もれる状態になります

なので、爪の端が見えず、分かりにくくなります

 

その状態で爪を切ることで、爪の端に切り残しが起こりやすいです。

爪の端が棘のような形で切り残され、それが爪棘になります

上の画像の右上、あれが爪棘です。

見えないところにこんな棘が隠れていました。

 

 

③爪囲炎(そういえん)

 

爪囲炎とは、爪の周囲に炎症が起きている状態のことを言います。

 

深爪をすると、普通は爪に守られている、薄くて弱い皮膚が 露呈してしまいます。

なので爪の周囲の皮膚のバリア機能が低下します

そうすると、普段は防いている病原体などが 体内に侵入してしまい、炎症が起こりやすくなります

ちなみに爪囲炎は、爪を噛む癖や、ささくれをはがしてしまうことでも起きます

 

爪囲炎が起きると、指が腫れて赤くなり 痛みが生じます。

膿が溜まってくることもあり、水ぶくれができることもあります

慢性化してしまうと、肉芽(にくが/にくげ)が形成されてしまうこともあります。

 

 

④陥入爪

ホッチキス型の巻き爪-陥入爪

 

陥入爪とは、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしている状態のことを言います。

 

上の画像の方は、靴が履けないほど痛みがあったそうですが、見た目からはそんなに巻いていたり、皮膚に刺さっていたりするようには見えませんでした。

しかし、深爪により爪が肉に埋もれてしまっているだけで、見えないところで 切り残した爪が皮膚に突き刺さり、痛みを引き起こしています

 

陥入爪の原因の多くは、深爪です

原因として↓↓

 

◎爪棘が皮膚に突き刺さる

②で説明した爪棘ですが、爪が伸びてきたときに、その爪棘が 伸びた先の皮膚に突き刺さる形になります。

 

◎爪の端、断片が皮膚に食い込む

深爪

深爪にすると、画像のように 指の肉の端より、爪の端の方が手前にきますよね

体重をかけたり靴を履いたりなどで 指に外力が加わった際、爪と指の肉は お互いを押し合う形になります

そのとき、この爪の端の部分には大きな圧力・負担がかかり、皮膚に食い込む形になります。

 

◎皮膚の方も弱っている

そもそも皮膚の方も弱っているから、炎症が起きやすい、ということもあります。

深爪にすると、薄くて弱い皮膚が露呈してしまうんでしたね

皮膚の方のバリア機能が低下しているのも、原因の一つです

 

◎爪の長さが短い

深爪

爪のそのものの長さが短いということは、皮膚と爪の接している部分が短くなる、ということになります

同じ力が加わるとき、力が加わる面積が小さいほど、かかる圧力は大きくなりますよね

例えば包丁。

固い物(生のカボチャとか)をきるとき、包丁の面の部分で押しても、凹みもしません

線(刃の部分)で押すと、面の時と同じ力でも、少し切れますね

点(刃の先)で押すと、同じ力で、一番深く切れます。

つまり、加わる力が同じでも、その力が加わる面積が小さければ小さいほど、その部分にかかる圧力は大きくなるんです。

爪の長さが短くなるということは、爪が長いと耐えられた力でも、耐えられなくなり、炎症が起こってしまいやすくなるということです。

 

 

まとめ

 

深爪はしない!!!

 

深爪は、百害あって一利なし

爪を切る時は、正しい切り方をしましょう

 

陥入爪や巻き爪になってしまったら、痛くて大変な思いをし、通院でお金もかかります。

予防が一番大事です^^

 

 

 

関連記事

 

【巻き爪で膿んで痛い】…対処法は?

【深爪の巻き爪矯正】  どんな方法があるの?

【深爪の巻き爪矯正】ツメフラの場合

 

 

 

巻き爪の原因とは

 

【巻き爪の原因①】靴?遺伝?歩き方??

【巻き爪の原因②】爪の構造を知れば、原因が分かる!

【巻き爪の原因③】本当の原因は外力じゃない

 

 

 

当院の巻き爪矯正『ツメフラ法』について

 

【ツメフラ法とは①】<手順>ご来院から卒業まで

【ツメフラ法とは②】<特徴>

 

 

 


The following two tabs change content below.
大西 ゆうき(おおにし ゆうき)

大西 ゆうき(おおにし ゆうき)

「小倉巻き爪矯正ラボ」院長。長く痛みに悩んできたからこそ、「痛くない」にこだわっています。巻き爪の悩みを解消し、快適な毎日を送りませんか?

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。

小倉巻き爪矯正ラボの施術の特徴

巻き爪の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
小倉巻き爪矯正ラボは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 093-600-2761 受付:10:00~20:00 休業:水曜日
住所:福岡県北九州市小倉北区
   浅野二丁目18-15 MOビル 611
最寄駅:小倉駅徒歩5分
地図・行き方