こんにちは

北九州市小倉北区、小倉駅から徒歩5分の『小倉巻き爪矯正ラボ』大西ゆうきです。

 

 

 

「巻き爪」と検索すると、よく「膿」とか「膿んだ」とか「膿が出た」とか、多いですね(>_<)

私自身も、親指だけでなく人差し指、中指、薬指が たまに膿んでいました。

ただでさえ痛いのに、膿むと痛みが増して大変です…

 

そこで今回は、陥入爪になって 爪の横が膿んだ状態のことについて書いていきます!

 

 

<目次>

陥入爪とは

原因は『爪棘!』

対処法

まとめ

 

 

陥入爪とは

巻き爪の原因って?

 

陥入爪とは、爪の側縁が周囲の肉(皮膚)に食い込むことで、炎症などが起こってしまった状態のことを言います。

 

爪の横の肉(皮膚)が、

▶赤く腫れている

▶痛みがある

▶膿が溜まっている

▶炎症がなかなか治らない

などの状態なら、陥入爪の可能性があります。

さらに進行していると、肉芽(にくが/にくげ)が形成されていることもあります。

 

 

これは、爪の左側に炎症が起き、膿が溜まっている状態です。

もっと重度の陥入爪・肉芽が形成されている画像は、血や外傷などが苦手な人には刺激が強いと思いますので、ここには載せません(^^;

自分の爪と見比べたい、自分の爪がどういう状態か知りたい!という方は、

『陥入爪』や『爪 肉芽』で検索したら、色んな画像がでてきますので、ご参考にしてください^^

 

 

原因は『爪棘!』

ホッチキス型の巻き爪-陥入爪

 

陥入爪の方は、深爪になっていることが多いです。

というより、深爪が原因で陥入爪になることが多いです。

そうして陥入爪になると、爪が伸びたら痛いから伸びる前にまた切ってしまう、そしたらまた痛い、また切る、、

という”深爪”悪循環に陥ってしまうことも…

 

 

陥入爪の一番の原因は『爪棘』です

『爪棘』とは、爪の一部(端っこ)が切り残されて、棘のようになってしまった爪のことです

 

巻き爪-深爪-爪棘

参照:https://ameblo.jp/makidume-tumehura/

 

画像のように、爪の端に切り残しがあり、それが周囲の肉(皮膚)に食い込んで 陥入爪になっていました。

ではなんで、こんな切り残しが起きるのでしょうか??

 

それが、さっき書いた『深爪』です。

深爪にしてしまうと、周囲の皮膚に爪が埋もれてしまい 爪の端が見えなくなってしまいますね

爪の端が見えないまま、手探りで爪を切ることになり このような爪棘を作ってしまうことがあるんです(>_<)

 

陥入爪になって、炎症がなかなか治らない!痛い!という方は、見えない所…肉に埋もれている部分に爪棘があり、それが食い込んで痛み・炎症を生じているかもしれません。

 

 

ちなみに「深爪してないけど陥入爪になっているよー」っていう方は、爪の切り方が良くないかもしれません。

全体が深爪でなくても、端を切り落とし過ぎていると、同じことが起こります。

爪の切り方というのも、とても大事なんです

(ぜひご参考に→足の爪!正しい切り方

 

 

『深爪』の関連記事はコチラ

 

(→【深爪はなぜダメか】…陥入爪に移行!?

(→【深爪の巻き爪矯正】  どんな方法があるの?

(→【深爪の巻き爪矯正】ツメフラの場合

 

 

対処法

 

原因は分かりましたが、では どうしたら良いのでしょうか?

炎症が起きている状態は、当院のような民間の院では扱うことができません(^^;

医師法というのがあるので、病院以外での処置・施術は禁止されています。

 

なのでまずは、自宅で自分でできる対処方法をご紹介します

 

テーピング

これは一番オススメです

まず、テーピングをしてみてください。

 

テーピングをすることで、爪の周囲の肉を引き下げます

そうすると肉への食い込みを少なくなり、痛みを軽減させることができます。

テーピング

 

また、テーピングで肉を引き下げることで、爪が伸ばせるようになり、深爪の悪循環を脱することができる可能性もあります。

爪が伸びると痛い、というのは、爪が伸びた先に肉(皮膚)があり、そこに食い込むから痛い訳です。

うまくテーピングができれば、その肉を引き下げ 爪の伸びる通り道を作って、爪が伸ばせるようになるかもしれません。

 

テーピングだけで痛みがなくなり、続けることで炎症がおさまった場合は、それでOKです。

炎症がおさまれば、当院でもみることができます

 

最終的には「爪棘」をなくなさければいけないのですが、深く切り取るのも注意が必要です。

爪を深く切り取る、という処置は、その時は痛みもなくなるので良いのですが、また爪が伸びてきた時、どうでしょうか。

爪が伸びてきた時のことまで考えて形を決め、切らないと、また同じことを繰り返してしまいます。症状が複雑化・重症化する可能性もあるので、気をつけてください

 

テーピングのやり方はコチラ→【巻き爪の痛み軽減!】正しいテーピング

 

 

まとめ

まとめ

 

陥入爪の原因は爪棘

対処法のオススメはテーピング

 

もし今、病院に通っている方がいらっしゃれば…

爪棘ができている陥入爪は、いくら薬を塗ったり飲んだりしても、治りません(−−;

爪以外で考えても分かると思いますが、まずは刺さっている(食い込んでいる)ものを取り除かないと(食い込みを少なくしないと)、炎症はおさまりませんよね

ただ薬が処方されるだけでは、不十分だと思います

ぜひ詳しい知識のあるお医者さんにかかってください

 

 

そしてもし巻き爪も併発しているのであれば、この機会に早めに矯正しておくことをオススメします^^

 

 

 

関連記事

 

【足の爪!正しい切り方】巻き爪予防

【巻き爪の痛み軽減!】正しいテーピング

【深爪はなぜダメか】…陥入爪に移行!?

 

 

 

巻き爪の原因とは

 

【巻き爪の原因①】靴?遺伝?歩き方??

【巻き爪の原因②】爪の構造を知れば、原因が分かる!

【巻き爪の原因③】本当の原因は外力じゃない

 

 

 

当院の巻き爪矯正『ツメフラ法』について

 

【ツメフラ法とは①】<手順>ご来院から卒業まで

【ツメフラ法とは②】<特徴>

 

 

 


The following two tabs change content below.
大西 ゆうき(おおにし ゆうき)

大西 ゆうき(おおにし ゆうき)

「小倉巻き爪矯正ラボ」院長。長く痛みに悩んできたからこそ、「痛くない」にこだわっています。巻き爪の悩みを解消し、快適な毎日を送りませんか?

※爪の硬さや変形の度合いにより個人差があります。
※あくまでも個人の感想で、効果を保証するものではありません。

相模原・町田巻き爪矯正センターの施術の特徴

巻き爪の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
相模原・町田巻き爪矯正センターは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 093-600-2761 受付:10:00~20:00 休業:不定休
住所:福岡県北九州市小倉北区
   浅野二丁目18-15 MOビル 611
最寄駅:小倉駅徒歩5分
地図・行き方